いよいよ敵に追い詰められたエマたち。

地上への出口はすべて包囲されてしまっていることから、絶体絶命の状況に陥ってしまいました。

さらには負傷者も出ており、もやはこれまでか・・・と思われる中、ギリギリの脱走劇が始まりそうな予感です。
そしてシェルターから地上へ通じるルートに新たな事実が明らかになってきた様子です。

果たしてエマと子供たちはこの先無事に逃げることはできるのでしょうか?

前回のストーリーはこちら

スポンサーリンク

約束のネバーランド106話のあらすじ

秘密の通路は知られている

出口はすべて塞がれている

そこはまさに、死中。

 

見つかれば殺される。

ここから逃げなければ・・・
でも・・・どうやって?

 

立ちふさがるは慈悲なき殺戮者

アンドリューと子どもたちのリアル鬼ごっこ

アンドリュー
(さて 部下の報告では標的は推定60人以上
予想はしていたが多い

GFとGP 脱走者の全てがこのシェルターで生き延びていたということか

しかし妙な奴らだ 完全に急襲であった割に 奴ら非難が速かった 我々の攻撃は想定されていた?)

子供たちの素早さに驚きを隠せないアンドリュー。

 

アンドリュー
(それだけではない ”7つの壁”のことも知っていた

いつどこで知った?
誰が教えた?

”支援者”か?”先代”か?)

 

それにしても7つの壁とはいったい何なんでしょう・・・?
最初にムジカから教えてもらった7つの壁の真実は、まだまだ分かりそうにありません。
とはいえアンドリューも知っていることから何か重要な手がかりがあるはずです。

 

アンドリュー
(それから奴らのあの武器
われわれがバイヨンに流していたものとは違う シェルターで得たのか?)

 

まだまだ子供たちのことはすべてお見通しというわけではなさそうです。

 

アンドリュー
(図面にない部屋がある?
なるほど”支援者”が隠し持っていた情報も完全ではないわけだ おかげで予定が狂った)

 

アンドリュー
「私だ 皆聞こえるか」

襲撃者を殺せるか

くそっ・・・!

レイ
(こうしている間にも奴ら包囲を固めてきている
このままじゃ俺たちは全滅する どうする どう逃げる どう動く)

絶体絶命の状況に思い悩むレイ。

 

レイ
(いや 決まっている・・・・

襲撃者を殺さなければ

殺らなければ殺される
包囲を抜けるにも 出口を突破するにも 気づかれずすり抜けるなんてこの人数では絶対に不可能

いや仮にできたとしても、敵を放って逃げれば必ず追われる、追いつかれる

家族を仲間を守るなら敵全員を殺すしかない)

究極の選択を思いつくレイ。

 

レイ
(でも 人間だぞ ”人を”殺すんだ
俺はともかくエマや弟妹 大半の仲間にそれはムリだ)

ユーゴ
(・・・そうでなくとも状況は不利)

ジリアン
(敵は防弾 たぶん暗視スコープも持ってる おまけにガスまで)

ナイジェル
(それにこっちは60人 動きが鈍い 機動力は敵が上)

エマ
(ガスを使われたら終わりだし正面から撃ち合えばたとえ勝てても必ず誰か死ぬ
それじゃダメだ

これ以上誰も死なせない 早く逃げなくちゃ

でもどっちに? どう逃げる?)

 

なんとかして逃げる方法を必死に考えるエマ。

 

エマ
(一つのミスが全滅につながる 敵がどこから何人攻めてくるかも分からないのに)

活路を発見

オリバー
「エマ! レイ!」

エマ
「! オリバー?」

そこへ突然姿を現したのは、秘密の通信室にいたオリバー

 

ハァッ ハアッ

エマ
「ロッシー!」

息を切らせているのは、オリバーとともに通信室から逃げてきたロッシーです。

 

エマ
「無事だった? ルーカスも?!」

ロッシー
「大丈夫 後から来る・・・ モニターを壊すって・・ あと敵を一人倒した  これを」

レイ
(通信機! 敵の?!)

ロッシー
「僕聞いたんだ ここに来るまでに何度か指示を出してた」

通信機から聞こえてきた内容を説明するロッシー。

————————–

「私だ みんな聞こえるか」

「標的は現在第1非常口から東へ後退中
地上班 第2非常口はそのまま待機
北廊下 南廊下 西端中央は移動

総員直ちに包囲せよ」

————————–

地下通路の全貌が判明

出典:約束のネバーランド106話

レイ
「つまり今の敵の位置は・・・」

シェルターと地下通路の地図を描きながら、敵の位置を調べるエマたち。

 

エマ
「”北の廊下”・・・・ 行ける」

レイ
「でかしたロッシー! 大手柄だ!」

エマ
「前を塞ぐ敵の位置が”北の廊下”だけなら・・・今私たちのいる道とつながっているのはこの1か所だけ
敵がこの道を降りてくる前に私たちが突っ切れば、
包囲は崩せる!」

 

オリバー
「でもなぜ敵はそんな隙が生まれる配置を・・・」

ロッシー
「あのねルーカスが・・・ひょっとして電話の”隠し部屋”と食堂の下の武器庫は敵にバレてないんじゃないかって・・・
だから・・・」

それだ!!
エマ、レイ、オリバーは一同に納得した様子です。

エマ
「ロッシー  ルーカスは今どこに?」

ロッシー
「モニター室を壊したら、いつもの出入り口を開けてくるって・・・」

ユウゴ
「あの野郎・・・ 決まりだ」

(気づかれる前に 武器庫を抜けていつもの出口から外へ出る)

ユウゴ
「こっちだ!」

エマ
(よかった ルーカスのおかげで活路が見えた)

レイ
「奴ら”道”を探し始めた!急げ!!」

敵の通信を傍受して気づいたレイ。

無事外へ

と、ここで場面は変わってルーカスが敵を狙撃しようと狙いを定めています。

 

キュン

 

ルーカスが出口を監視している敵の頭を撃ち抜くことに成功します。

 

一方エマたちは・・・

外だ・・・!出られた!!

なんと60人全員がシェルターを抜けて地上へ出ることに成功しました(゚∀゚)

子どもたち
「ルーカス!」

地上でルーカスを見つけて喜ぶ子どもたち。

 

ユウゴ
「全員そろったか?
じゃあ今の内だ 逃げろ」

 

エマ
「えッ、ユーゴは?!

 

ユウゴ
「俺とルーカスは後から行く 残りの6人を追って来られねぇようにしとく必要がある」

それを聞いて驚く子どもたち。

 

ジリアン
「待って じゃあ私達も」

レイ
「俺も!」

 

ルーカス
「いや君たちは先に行きなさい」

ユウゴ
「そういうこった」

せっかく乗り気をつぶされた様子のレイ
そして悲しそうな顔をするユウゴ

 

ユウゴ
「子供が背負う必要はない 大人に任せとけ・・・ それに
大人二人で既に店員オーバーだ」

そう言いながら、倒した敵のガスマスクを拾い上げるユウゴ。

 

ユウゴ
「ザマァミロ これでガスも銃も効かねぇ」

エマ
「でも、ユウゴ・・・」

心配そうにユウゴに声をかけるエマ。

 

ユウゴ
「エマ、これが最善の判断だ 大丈夫すぐ追いつく クリスを早く安全な場所で休ませてやれ」

エマ
「・・・・わかった!」

ユウゴ
「無事逃げろよ」

エマ
「ユウゴたちも!」

そう言って、子どもたちに別れを告げたルーカスとユウゴ。

 

ユウゴ
「さて 郷愁のシェルター」

ルーカス
「ああ 俺たちの墓場には打ってつけだ」

スポンサーリンク

約束のネバーランド106話の見どころ

今回の第106話では、絶体絶命の状況から見事に地上へ逃げることに成功しました。
その逃走劇において、見どころのシーンを解説します(σ・ω・)σ

人を殺すか悩むレイ

シェルターに侵入してきた敵は、シェルター内部と抜け道の構造を把握されているという状況で、
どうやってもここから逃げることは不可能という状態でした。

その中でレイが下した判断は、敵を倒して逃げるしか方法がない、ということ。

しかもこれまでの敵は、化け物である鬼でしたが、今の敵は自分たちと同じ人間なのです。

まだ小さい子供たちが、敵であるとはいえ人間を相手に戦い勝ち抜くことは、どう考えても不可能なことです。

そんな不利な状況を打破すべく、家族を守るためにオレがやるしかない、と決意していたレイは、
かつて冷酷だったころのレイとは別人のようです。

結果的に人間の敵と戦うのは大人であるルーカスとユウゴに託されましたが、子供たちの中で最年長であるレイは
今後、先陣を切って人間たちと戦うことになるかもしれません。

そのときにひるむことなく勇気を持って立ち向かえうとするなら、レイの中に秘めている冷酷だった時の気持ちが
再び蘇る時なのかもしれません。

ルーカスとユウゴの墓場

最後のシーンで印象的だったのが、追っ手を防ぐために後から行く、と言って子供たちを先に逃がしてやったことです。

この時レイが「”人を”殺すんだ 俺はともかく大半の仲間にそれはムリだ」と考えていたことを、ユウゴとルーカスはしっかりと見抜いていたのです。

そんな仕事は子供が負う必要はない、大人に任せろと言っていたユウゴ。

かつて最初に出会った頃のオジサンだったユウゴとはまるで別人です( ゚Д゚)ウマー

そして最後の
「郷愁のシェルター」に「俺たちの墓場」というセリフは、
ユウゴとルーカスが最期を迎えることになるのでは?!と予想させてしまうほど印象的でした。

これがユウゴとルーカスの最後のシーンになってしまうのでしょうか?

気になるところです・・・

スポンサーリンク

約束のネバーランド106話まとめと感想

いかがでしたでしょうか?

絶体絶命の危機的状況をとりあえず乗り切れた様子のエマたち。

ただそうはいってもまだ地上へ出られただけということに変わりはありません。

地上はバケモノ鬼たちの巣窟ですし、追っ手の人間との闘いもだ終わったとは言えません。

人間との闘いはルーカスとユウゴに託されましたが、これも簡単に片づけられるとは思えないでしょう。

次回もまだまだ戦闘のシーンが続いてくことが予想されます。

そして地上に出たエマたちは新たなシーンが始まりそうです。

どんな展開が待ち受けているのか気になりすぎる約束のネバーランド。

引き続き次回以降も楽しみにしておきましょうε≡≡ヘ( ´∀`)ノ♪

次回第107話はこちらσ( ・ω・)σ

『約束のネバーランド』1冊無料で読む方法

『約束のネバーランド』はワクワク、ゾクゾクするシーンが満載で、早く続きが見たいと思ってしまいますよね♪
今回アニメ化が決定したこともあって、これからますます人気のマンガになっていくことが予想されます!

学校や職場などの仲間内でも話題になりそうですね!
皆に遅れることなく話についていきたいところです。

そんな『約束のネバーランド』が期間限定で無料で読める方法を発見したのでご紹介します!

※もちろん一時騒ぎになった”漫〇村”みたいな違法なサイトではないのでご安心ください(σ・ω・)σ

日本最大級の動画配信サイトU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)というサービスをご存知でしょうか?

 

 

初めて聞いた人もいるかもしれませんが、U-NEXT(ユーネクスト)はVOD(ビデオオンデマンド)という動画配信サービスのことです。

 

U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。

なので『約束のネバーランド』を電子書籍で読むことができるんです。

 

 

ちなみに

U-NEXTを提供している株式会社U-NEXTは、もともとは「有線放送」を提供していた株式会社USENが前身で、「Gyao!」という動画配信サービスを提供していた会社です。

「有線放送」や「Gyao!」(ギャオ)なら誰でも知っているサービスですし有名な大企業なので安心ですね。


U-NEXTならマルチデバイス対応

U-NEXTはインターネットにつながる端末なら、パソコンだけでなく、スマホやタブレットからも視聴することも可能です

これなら、家だけでなく通学中や通勤中、ちょっとした暇つぶしの時間に、いつでもどこでも楽しむことができて嬉しいですね(^^♪

ちなみに1つ登録するだけで、自分のアカウントなら複数の端末で視聴ができるので、無駄に費用がかかることもありません。

U-NEXTは期間限定でポイントサービス中
さらに、今なら期間限定で31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができます。このポイントを使って『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来るというわけです。(1ポイント1円換算なので、600円以内のコミックならどれでもOKです)

 

しかも

そして無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かからないという裏技も(σ・ω・)σ

これなら31日間は無料で通常の会員と同じサービスが受けられるので、映画・ドラマ・雑誌なども無料で見られちゃいました。
(1部新作の映画はポイントが必要な作品もあります)

 

U-NEXTで『約束のネバーランド』コミックスを無料で読む

しかも!
大きな声では言えませんが、解約した後もポイントで購入した書籍は自分のものになるんです!
これはお得ですね(^^)!

 

せっかく使えるサービスなので、一度お試ししてみてはいかがでしょうか^^

 

※本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください

U-NEXTはこちら

スポンサーリンク