【約ネバ】64話ネタバレでエマが謎の世界へ!これがネバーランドの正体?!

出典:https://mangasmap.com/2017


オジサンを助けてあげると言ったエマ。

目的地のゴールディ・ポンドは間もなく間近というところで、エマはオジサンの若かった頃を想像して、エマが助けてあげると言い出しました。

それを拒否しつつも、動揺しはじめた様子のオジサン。

オジサンの過去にあった出来事が少しずつ明らかになって来ました。

そんな中、今回はエマに衝撃の展開が起こりました( ゜Д゜;)!?

エマに起こった出来事は??! 約束のネバーランド第64話のあらすじを振り返りながら見ていきましょう。

スポンサーリンク

『約束のネバーランド』第64話あらすじ

前回のストーリーでは、エマはオジサンを「私が助けてあげる」と言ったシーンで終わっていました。

それを聞いたオジサンはどんな反応を示したのでしょうか?

エマとオジサンの交渉

出典:http://netabare.city/archives/2625

「助けてあげる・・・だと?」

 

オジサンは、なんだこいつ?策か?それとも・・・

とエマを怪訝な目で見つめ疑っている様子です。

 

エマ「おかしいよ」

エマはオジサンに、敵対するのはおかしいと言って、こう続けます。

 

エマ「やっぱり同じ“脱走者”同士。 私たちは分かり合えるし協力しあえると思う」

エマはオジサンに対して、自分たちはもともと農園を脱走してきた食用児だから、お互いに分かり合えるはず、と話し、腹を割って話そう、と言います。

 

対するレイは、
レイ(馬鹿 無茶だエマ)

このひねくれ者オジサンに、そんなことを言ってもわかるはずがない、と考えています。

私が助けてあげる

「うぜぇ」「助けてあげる?ガキが何様だ  ふざけるなよ くそ触覚!」

 

オジサンはエマの態度に怒りをあらわにしています。

 

ってか、「くそ触覚」って・・・笑

そういえば、このオジサンはエマを含め子どもたちの名前を覚えようとせず、勝手にあだ名をつけていましたね(^^;)

 

オジサン「俺はお前が嫌いだ  うせろ!!」

ここから消えろ、というオジサン。

 

エマ「いやだ!!」

エマはオジサンの消える、という指示を真っ向から拒否します。

 

そして

 

エマ「辛かったんでしょう?」

そしてエマは続けます。

 

エマ「いい家族、だったんでしょう?オジサンの仲間たちも」

エマはオジサンが仲間を失い、何年も悲しくて悔しかった苦しみの気持ちを想像して言います。

 

オジサン「・・・・・お前に何がわかる・・・:お前なんかに」

少々動揺し始めたオジサン。

 

エマ「わかんない 想像するしかない  仲間全員を失ったオジサンの苦しみを軽々しく“わかる”なんて言えない 言えないんだけど・・・」

 

「解るよ」

 

そういうと、エマは今の自分と昔のオジサンはそっくりだったのではないか?とオジサンに問いかけます。

 

エマ「だからオジサン 私たちを見るのが辛いんでしょう」

 

そして、

 

エマ「辛くて 苦しくて 銃を向けたんでしょう?」

 

エマは、オジサンが自分に銃を向けたのは、本当は私たちを消したかったんじゃない、かつての自分自身なんじゃない?と言います。

 

エマ「私たちおw消しても憂さ晴らしくらいにならなるかもしれない  けど結局は何も変わらないよ   オジサンが苦しいのは変わらない  それじゃダメだ 」

だから変えよう、とオジサンに訴えかけます。

スポンサーリンク

『約束のネバーランド』第64話見どころ

第64話はなかなか見どころのあるシーンがありましたね!
中でも今回は、エマの真剣な表情でオジサンに訴えかけるシーンが魅力的でした。

ひとつずつ紹介していきましょう。

オジサンに共感するエマ

どんな絶望も越えられる? 仲間がいるから頑張れる?

オジサン「ちゃんちゃらおかしい  お前に何ができるんだ」

エマを見下したように言うオジサン。

 

すると、

 

エマ「共に生きられる  一緒に生きようオジサン」

そして、

エマ「私は二年以内にGFへ戻る  オジサンもいこう 一緒に 人間の世界へ」

 

エマはGF農園に置いてきた4歳以下の子供たちと、他の農園にいる食用時すべてを開放して人間の世界へ連れていく、と言います。

 

さらに、

 

エマ「オジサンも進もう  仲間の分まで」

過去は変えられないけど、仲間の思いを継ぐことはできる、だから一人になっても止まっちゃダメだ、と言います。

 

エマさん、わずか12歳にして、なんちゅー情熱的な女子なんでしょう(#^.^#)
ハートが熱すぎて、まるで松岡修造です!!

 

エマにそう言われたオジサンは、過去のことを思い出しはじめました。

 

「お前だけでも逃げろ!」

ニコラスなる少年がオジサンに言ったようです。

「生きて・・・」

死にそうになっているのはジョン。

「行け!****!!」

オジサンの名前を呼んだのは、ルーカスという少年。

 

そういえば、以前オジサンがルーカスの名をつぶやいたことがありました。
ルーカスは昔の仲間だったようです。

【約ネバ】54話ネタバレ!“奴ら”と密猟者って誰?

 

そしてオジサンは自分だけが生き残ったことを思い出し、自分が生き延びれたのは仲間に生かされたのだと考えました。

 

オジサン(何のために?)

 

オジサンは、エマが言った「共に生きる?」だの「GF全員」だのを思い出し、ますます無理だろ?とエマの言ったことを否定しようと葛藤している様子・・・

 

そして

 

オジサン(決めただろ  殺すのはこいつ  触覚をゴールディ・ポンドで殺すんだ  ほら)

 

なんと、物騒なことを考えていたオジサンは、ゴールディ・ポンドでエマを片付けようとしていたのです。

 

ところが!

 

オジサン「今すぐ 引き返せ  ゴールディ・ポンドには入るな」

なんと、オジサンはエマを片付けようとしていた気持ちを噛み殺し、エマを助けようとしたのです!

 

オジサン「あそこはダメだ あの場所は・・・ 今すぐだ 明朝にでも“奴らが”・・・」

奴ら、とはいったい何なんでしょう?  ただの鬼ではなさそうな予感です・・・

エマが謎の世界へ移動?

ハッ

 

「エマ!伏せろ!“」

突然レイが何かに気付き、エマに注意を促します。

 

ヒュン!!

 

ところが、エマは何かを見る暇もなく、突然気を失ってしまいました。

 

エマ(レイの声 レイの表情  そこから先は記憶がない)

真っ暗の中、エマの身に何かが起きた様子・・・

謎の世界はネバーランド?

次の瞬間

「うっ・・・」

目を覚ましたエマが見たものは、

いったいここはどこなんでしょう( ゜Д゜;)!?

 

風車が回る洋風の建物から、風船や旗が上がっている様子は、どこかオランダの風景にも似ているような印象です。

一見、平和そうなこの風景は、、、
もしかしてこれが、タイトルの『約束のネバーランド』の
「ネバーランド」を意味する場所なのでは?と思いました。

 

「約束」の意味については、森で出会ったソンジュが教えてくれましたね(σ・ω・)σ

【約ネバ】47話「約束」の意味が判明!30年に隠された真実とは?

 

「ネバーランド」といえば、童話の『ピーターパン』に出てくる世界でした。

大人になりたくない、いつまでも子どものままでいたい、そんな純粋な子どもの世界を「ネバーランド」と呼んでいましたね。

もしかしたらエマが移動したこの世界は「ネバーランド」と何か関係がありそうな気がしてきます・・・

 

それにしても、エマはなぜ突然瞬間移動してしまったのでしょうか??

エマの身に起こったことはいったい何なのでしょう?

 

目の前に広がる見知らぬ街―― 

ミネルヴァ冒険編も、いよいよ新展開に突入が始まりました。

スポンサーリンク

『約束のネバーランド』第64話の感想

今回の第64話から新たな展開が始まりそうな展開でした

これからどんなストーリーが始まるのか気になるところですね!

読者の皆さんはどんな予想をしているか聞いてみましょう(σ・ω・)σ

Twitterの反応

スポンサーリンク

まとめと考察 次回の展開を予想

いかがでしたでしょうか?

必死の気持ちでなんとかオジサンを苦しみから救い出そうとしているエマが魅力的でしたね!

これにはひねくれ者のオジサンも、さすがに動揺した表情を隠せない様子でした。

 

ところが、突然見知らぬ街に移動してしまったエマ・・・

いったいここはどこなのでしょう?

 

そして、おそらくエマは、レイとオジサンとも引き離されてしまったのではないかと予想されます。

ここからは、エマが一人で冒険をすることになるのでしょうか(゚Д゚)ウマー

だとしたら、エマの前に現れるのは敵かそれとも味方なのか・・・

 

いろいろ気になりすぎて、先が読めませんが、ますます面白くなってきそうですね!

来週の展開も楽しみにしておきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です