【美醜の大地】ネタバレ第5話が最終話につながる可能性大?!

毎回さまざまな復讐劇を繰り広げる小石川菜穂子こと市村ハナ。

女学校時代の元同級生への恨みから、これでもかというくらい残酷すぎる復讐によって仕返しをしていく様は、ある意味痛快でもあります。
この復讐劇の結末はどうなるのか気になりますね!

 

ところが『美醜の大地』第5話では、これまでのストーリーから新たな進展がありました

というのも今回は、これまで冷酷に徹してきたハナが、自身の復讐に対して良心の呵責を感じるような場面が明らかになったのです!
これは『美醜の大地』の最終話につながる重要な回になると思われます。

 

コトの真相を探るべく『美醜の大地』第5話についてネタバレしない程度に振り返ってみましょう!

 

すぐに読みたいならコチラ↓↓↓↓↓

(この漫画は電子コミックで試し読みができます)

>>『美醜の大地』試し読みはこちら<<

 

『美醜の大地』ネタバレ第5話のあらすじ

ハナの存在が認識される

場所は札幌、月刊「道民」の編集者、綿貫は綾子を訪ねてやってきました。

 

綿貫「どうもお呼び立てして申し訳ありません」

綾子「・・・・ご用件をうかがいますわ」

 

この綿貫という青年、雑誌社の編集員なのですが見た目は若くてカワイイ系の男の子(*´∨`*)
なのに、仕事がら事件の真相を突き止めたくなる性分だそうです。

まるで探偵気取りの名探偵コナンみたいです(笑)

 

綿貫は、絢子に亡くなったスミ子のことについて、ほかの同級生の連絡先を教えてほしいと聞きます。

絢子「存じません」

きっぱりと絢子に断られ、なすすべもなさそうな綿貫・・・(^^;)

 

絢子「それで 気にかかっていることとは? 彼女は事故死だったのではないのですか?」

綿貫「死因自体はそうですが・・・ スミ子さんは何者かによってはめられた可能性があるんです」

綿貫は、スミ子の勤め先であるカフェの常連だったキモ男がスミ子を襲うように仕掛け、スミ子が突然事故死したのも、ある女のしわざではないかと疑っているのです。

 

綿貫「私は見たんです 死の直前 彼女が女を追っていたのを」

そして、スミ子の卒業アルバムから、その女に似た人物がいると指さしたのは、

 

なんと!

 

市村ハナ

 

それを見た絢子の表情は一瞬凍り付きます( ゜Д゜;)!

 

綿貫「・・・スミ子さんは、この女性に恨まれていたのでしょうか?」

絢子「・・・さあ そうだったとしても捜しようがないわ もしいたのなら それは亡霊だから」

 

やはりハナは綾子たちの中では本土への移住時に死んだと思われているようです。

良心の呵責に悩むハナ

ハナ(ずっと 復習を果たすためだけに生きてきた)

ハナは女学生時代に受けつづけたイジメと屈辱、そしてそのせいで母と弟まで亡くしてしまったことを思い出し、その憎しみを忘れないよう何度も何度も思い返していました。

 

親からもらった顔まで捨てて、復習を遂げるために生まれ変わったはずなのに・・・

スミ子の死にざまを見て、私のせいで殺してしまったことを悔やんでいる様子です。

 

ハナ(私は とんだ腰抜けだ その程度の覚悟しか 持ち合わせていなかったんだ・・・)

 

しかし!

 

ハナ(やらなきゃ ここでやめてしまったら報われない)

ハナは死んでしまった弟の亡骸を思い出します。

 

そして、最終的にはイジメ集団のリーダーである絢子に復習を果たすまであきらめないと決心するのです。

絢子の婚約者

絢子は、白川グループの御曹司清二郎と婚約が決まっている様子です。

どうやら清二郎は、以前は女たらしで屋敷中の女性に手を出して騒ぎになっていたほどの色狂いだったようです。

その清二郎が、絢子のことは最愛の伴侶だとして大切にしようとしています。

清二郎のお義父さんも(やっと人並みに落ち着いてくれてひと安心だわい)
と安心しています。

 

ところが!

 

絢子の首元に光る一本のカギを艶めかしい視線で見つめる清二郎

その真相は・・・

カチャ  スル・・・

トイレにいった清二郎がズボンを下すと、

 

なんと!

 

男性用の「貞操帯」を履いているではありませんか(゚Д゚)ウマー

どうやら、絢子におとなしくしているよう躾られているのです(((( ;゚д゚)))アワワワワ

ヤリ〇ン清二郎も、絢子の調教によって新たな快楽を覚えてしまったのでしょう・・・

 

とっても美人なうえに女王様って、想像するだけで萌え萌えしてきそうですね(#^.^#)

菜穂子の手鏡

綿貫「えっ、菜穂子さん辞めちゃったんですか?!」

菜穂子(ハナ)とスミ子が働いていたカフェで綿貫がマスターと話しています。

菜穂子に好意を寄せていた綿貫は、菜穂子がお店を辞めたと聞いて、大層ショックな様子・・・

 

マスター「ああ そうだ きみにこれをあげるよ」

菜穂子がロッカーに置き忘れていった手鏡だそうです。

 

そこへ一人の客がやってきました。

 

客「こんちわー マスター!お土産拾ってきたんだわ」

どうやらこのマスター、流木集めが趣味だそうです。

 

その魅力について、綿貫は全然分からない・・・と思いつつも、マスターのコレクションの中で一つ目に留まったものがありました。

 

綿貫「これって・・・」

客「たぶん樺太の沈んだ引き上げ戦の遺品だろうなァ」

綿貫「殉難船(じゅんなんせん)・・・」

 

綿貫は勘でしかないけれど・・と思いつつも、
絢子がハナが死んだと知っていること、
ハナが沈んだ引き上げ船に乗っていたのではないか?
もしかしたらハナは本当は生きていたとしたら・・・

などと思いを巡らせます。

 

そしてマスターからもらった菜穂子(ハナ)の手鏡を見つめつつ、菜穂子を思い出しています。

綿貫(いつかまた・・・ どこかで逢えるだろうか・・・)

 

ハナ弟の遺体と復習

砂浜にやってきたハナは地面を手で掘り返し始めました。

弟の留吉のことを思い出しながら掘っていくと・・・

 

そこにはなんと!

白骨化した留吉

がいるじゃありませんかーーー!!(((( ;゚д゚)))アワワワワ

 

ハナ「留吉・・・ ごめんね留吉 弱いお姉ちゃんでごめんね・・・!!」

ハナは泣きながら留吉の遺骨を抱きしめ、そして死んでしまった母、イジメてきた同級生と絢子たちを思い出します。

 

ハナ「・・・死んで当然じゃない・・・ 私の家族をこんな目に遭わせたのだもの  ねえ留吉?」

みんな地獄の底へ引きずり落としてやる、とハナは鬼のような形相で唇をかみ切っていました。

『美醜の大地』第5話の見どころ

今回の第5話では、これまでのハナの復讐劇からさらに進んだ展開が始まりそうな印象でした。

ずばりその見どころを取り上げていきたいと思います。

綿貫の存在

今までのストーリーでは、毎回ハナの復讐劇を繰り広げているだけでしたが、今回からハナの正体を暴こうとする人物が登場してきました。

その一人が綿貫です。

またその綿貫の調査によって、絢子までもがハナの生存を疑い始めています。

 

そして、もっとも恐ろしいのは、第一話でハナの復讐の最初のターゲットになり顔をメチャクチャにされてしまった敏恵の存在。
彼女はハナのことを「必ず殺してやる」と鬼のような形相で言っています。

今後、敏恵とハナの一騎打ちのようなシーンが見られるのは間違いなさそうです。

スミ子の死に対するハナの気持ち

あれほど強い気持ちで自分をイジメていた同級生への復讐劇を繰り広げていたハナも、まさかスミ子が入院している病院から追いかけてくるとは思っていませんでした。

しかも運の悪いことに飛び出した車に轢かれて死んでしまうとは・・・

このときの様子を目の当たりにしたハナは、自分の家族を失ってしまった憎しみと、スミ子を殺めてしまった感情で、葛藤を抱き苦しむシーンが描かれています。

 

それでもハナは結局、弟の留吉に「弱いお姉ちゃんでごめんね」と謝ることで、今後も冷徹に復讐していくことを誓ったのでした。

このときの菜穂子の怒りと憎しみに満ちた表情は、整形手術を受ける前のブスだったときのハナの時と比べても、恐ろしさは変わっていません。

 

ただ正直に言うと、ブスのハナと美人になった菜穂子で、怒りに満ちた表情を比べてみると、やはり美人のほうが怒っていても見たくなってしまう気持ちもありますねf(^^;)

清二郎の貞操帯

絢子の婚約者、清二郎がトイレに行ったときに履いていた特殊加工したパンツみたいなの、気づいた人はいるでしょうか?
これって何だかお分かりですか??

 

そう!これは

“貞操帯”

と言われるものです。

貞操帯とは、、、
貞操帯(ていそうたい、英語: Chastity Belt・形状等によっては「貞操器具、ていそうきぐ、英語: chastity device」とも)とは、狭義には被装着者の性交や自慰を防ぐ施錠装置つきの下着である。主に、妻・夫あるいは恋人・愛人・性的パートナーの純潔を求めて、性交渉を不可能にするために用いられる。女性用の物が有名だが男性用の物もある。貞操帯は強制的に装着させられる場合と、自発的に装着する場合がある。通常、被装着者は自らの意思で貞操帯を取り外すことはできない。現代では専らSMプレイのグッズとして知られ、またそれに用いられることがある。
出典:wikipedia

こんなグッズがあるんですねぇ~(゚Д゚)ウマー

何やらはしたない香りがプンプンですけど、ヤリ〇ンだった清二郎が絢子によって調教されている、ということが想像できます(*´罒`*)ニヒヒ

 

それにしても、この清二郎のハァハァ言っている様子が印象的です!こんなに興奮するものなのでしょうか・・・

このときの清二郎の恍惚とした表情が頭から離れなくなって、今夜は眠れないかもしれません(⋈◍>◡<◍)。✧♡

『美醜の大地』試し読みするなら

美醜の大地は、電子書籍限定のコミックです。

こちらのサイトでは、無料で試し読みができるので、一度ご覧になってください↓

>>『美醜の大地』試し読みはこちら<<

まとめと考察 今後の展開を予想

いかがでしたでしょうか?

『美醜の大地』第5話では、最終回に向けてどのような展開が起こるかある程度予想できそうなストーリーに仕上がっていました。

 

今後はハナにどのような展開が待ち受けているかのか、気になって目が離せません!
これからもゾクゾクするような復讐劇を期待しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です